動画制作PR.ネット

空撮はじめました

フルハイビジョンの動画と1100万画素の静止画の空撮

空撮機材の導入により
フルハイビジョンの動画と1100万画素の静止画の空撮が可能になりました。

 

※当サービスは、空撮した動画(または静止画)のみを納品するサービスです。

編集などをご希望の場合には、別途オプションで150,000円となります。


お申込みまでの流れ動画撮影(制作)の流れ料金について


目線の高さは映像制作において重要です。通常はカメラの高さを変えようとするとクレーンカメラが必要になります。しかしクレーンカメラで撮れる高さは数メートルまでです。そこでラジコンヘリを使用した空撮機材を導入しました。

 

ラジコンヘリを使用することによりカメラの位置は数メートルから数十メートルへと上昇が可能となり鳥の視点と同じ動画やスチル写真を撮影できるようになりました。

また通常は移動しながら撮影しようとするとドリーやカメラスタビライザーが必要ですが、ラジコンヘリを使うことで安定した移動とダイナミックな動きが両立できるようになりました。

 

 

導入したラジコンヘリは複数の小口径ローターを持つ事からマルチコプターと呼ばれている機体です。小口径のローター(プロペラ)は通常のラジコンヘリの大きなメインローターと違い破壊力が小さいため接触事故が起きてもダメージが小さく大惨事にならない所が利点です。

 

マルチコプターの欠点は真下へ垂直降下すると揺れやすい事と飛行時間が短い事の2つです。飛行時間は条件が良ければ3分以上、バッテリー消費が多い動きや悪条件下だと飛行時間が短くなります。

 

現在、当社では98,000円で空撮業務を承っております。

当社が出張できるエリアは東京、千葉、神奈川、静岡の東側です。

1契約で6時間を拘束時間とし、その中で3フライトを行ないます。

 

雨、雪、強風の気象条件では飛行できないため、撮影日と予備日をあらかじめ決めて頂きます。またマルチコプターは飛行時間が短いため何をどのように撮るか打ち合わせした上で空撮を行ないます。

 

なお飛行前に、簡単な契約書にサインしていただきます

契約書の内容は

空撮業務中に空撮機材が破損しても依頼者は責任を追わない

空撮業務中に空撮機材以外の物的、人的の損害が発生した場合は倍賞を依頼者が負う

となります。

 

ページの上へ

お申込みまでの流れ

1)お問い合わせ
まずはメールまたはお電話にてお問い合わせ下さい。
お電話の方は、0120-751-731までお願いいたします。
2)ご契約
内容について十分にご納得していただいてからのご契約となります。弊社制作注文書に必要事項をご記入後、契約完了となります。

ページの上へ

動画撮影(制作)の流れ

1)お打ち合わせ(要:1日)
動画(静止画)撮影内容の詳細や撮影希望日(予備日)について、お客様との事前のお打ち合わせを行わせて頂きます。
※構成・シナリオ制作(要:2〜5日、オプションお申込みの場合のみ)
お客様との事前打ち合わせに基づき、動画撮影にあたっての構成・シナリオを制作します。
2)撮影(要:1日)
お打ち合わせ時またはその後に、撮影日と予備日を確定します。
1日最大6時間の拘束時間となります。
撮影は最大で3フライト行います。
なお、事前に契約書の内容に同意していただき、サインを頂いてからの撮影となりますのでご了承ください。
※編集(動画:要:7日〜10日、オプションお申込みの場合のみ)
撮影をした動画を元に、編集いたします。
編集後に内容をご確認いただきます。修正は2回まで無料です。
(2回以上の修正が必要な場合は追加料金が発生致します。詳しくは料金ページの追加オプションをご確認下さい)
3)納品
お客様のご希望の形式にて納品させて頂きます。

お問い合わせ・お申込み

ページの上へ

料金について

撮影料金

98,000円

料金には、以下の内容が含まれております。

打ち合わせ

撮影日時や撮影内容の打ち合わせを行います。

撮影 最大拘束時間6時間・3フライト
納品形式 ご希望形式に沿います

追加オプションサービス

動画編集

150,000円

(BGM・字幕挿入、各シーンの編集等)

編集修正

2回まで無料

2回を超える修正の場合には別途料金が発生します。詳しくは料金ページの追加オプションをご確認下さい

   

お問い合わせ・お申込み

ページの上へ